イタリア料理ほんやく三昧: ピッツェリーア・デル・ポルト

2013年2月28日木曜日

ピッツェリーア・デル・ポルト

今日は、ガエータのティエッラがおすすめの店として『ラ クチーナ・イタリアーナ』誌が挙げている店のご紹介。

店の名はピッツェリーア・デル・ポルト。
webページはこちら

オーナーのカルロ・アヴァッローネ氏によると、20年前に店を始めた当初はピッツァを売っていたのですが、愛する地元ガエータの伝統食、ティエッラを出そうと思って、様々な家庭でティエッラを教わるところから始めたそうです。
今では、15種類のティエッラを店で出し、ティエッラの歴史を研究して、地元の子供たちに作り方を教えて、ティエッラの第一人者を自負しています。

スペチャリタは、ムール貝とズッキーニ、なすとプローヴォラのティエッラなど。
いずれも、“キロメートル・ゼロ”(地産地消)のものばかり。
大人気になって、レストランから外食産業まで、様々な人がコピーしようとしたけれど、成功したのは主婦だけだって。
いや~、この発想、斬新ですなあ。
長いことイタリア料理業界の発言を訳してますが、ここまで敬意と愛情を持って主婦の味を褒めた人はいませんよ。

タコのティエッラのリチェッタを公表しているので、訳してみます。
原文はこちらのページ


タコのティエッラ La Tiella di Polpo
材料:6人分
生地
 00タイプの小麦粉・・200g
 水・・1カップ
 塩、砂糖・・各ひとつまみ
 EVオリーブオイル・・大さじ1
 ドライイースト・・1/2袋
詰め物
 タコ・・300g
 完熟トマト・・80g
 ガエータのオリーブ・・80g
 EVオリーブオイル・・大さじ1
 にんにく・・1/4かけ
 刻み唐辛子・・1/2本分
 イタリアンパセリのみじん切り・・一握り

生地
・小麦粉と水に他の材料を1つずつ加えながら混ぜ、20分こねる。布巾で覆い、24度以下で3時間発酵させる。
・鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させ、タコを入れて中火で最低15分ゆでる。蓋をしてそのまま冷ます。
・トマトを小角切りにし、ざるに入れて水気をきる。イタリアンパセリ、にんにく、唐辛子をみじん切りにしてトマトと混ぜる。オリーブとオリーブオイルも加える。
・生地を2つに分け、手と麺棒で厚さ3㎜以下に丸く伸ばす。1枚は直径30cm以上にする。
・直径28㎝の浅い型に油を均一に塗り、大きな生地を型からはみ出すように敷き込む。トマトとタコを詰める。
・残りの生地をかぶせて縁を指で摘まんで閉じ、油を塗る。200度のオーブンで20分焼く。


お弁当を作るおかあさんになったつもりで作りましょう。

岬の突端部分にある店です。
ガエータにお寄りの際は、ぜひ、テッラチーナの白ワインと一緒にタコのティエッラでも。


-------------------------------------------------------

関連誌;『ラ・クチーナ・イタリアーナ』2011年7月号、グルメ紀行“ガエータ”の記事は、「総合解説」2011年7月号に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント: