イタリア料理ほんやく三昧: 1月のパネットーネ

2014年1月20日月曜日

1月のパネットーネ

今日はパネットーネの話。
あれ、なんだろう、この過去のもの感。
あれから一か月もたってないのに。

Home made Panettone - IMG_8656

なんだかレトロな雰囲気漂わせてます。

今回は、『ア・ターヴォラ』の記事、“クリスマスだけじゃなパネットーネ”の紹介ですが、このタイトルがぶっちゃけているように、別の言い方をすれば、パネットーネの販促記事です。

パネットーネ業界は、第二のスプマンテの座を狙っているようですよ。
かつてイタリアでは、スプマンテは年末年始にしか売れない飲み物だったんです。
でも今では、年中飲むようになったらしいです。
日本と同じですねー。


で、パネットーネを広めるなら、クリスマスのパネットーネがまだ残っている今だ!
なんです。

新しいパネットーネの食べ方を提案するのは、パネットーネ界の巨匠で、オートクチュール料理のグランシェフ、ダリオ・ロイゾン氏。

ロイゾンのパネットーネができるまで
 ↓



彼のパネットーネは食材のコストを気にしないのがポイントだそうで、お値段も素晴らしい。
使っている材料は、マクランのトルコラート、プロセッコ・ディ・ヴァルドッビアーデネ、シチリアのオレンジのカンディート、カラブリアのディアマンテのチェードロ、チアクッリの晩成のマンダリンオレンジ、マダガスカルのバニラなど、それ自体が貴重なものばかり。
webページ(こちら)を見るかぎりは、高級路線を突っ走ってます。

記事では、パネットーネを使った彼のリチェッタを3点紹介しています。
まずはフォアグラとパネットーネのミッレフォーリエ。
パネットーネは、マンダリンオレンジ入りのもの。
これはかなりゴージャスな一品。
次は、子牛のヒレ肉にパネットーネの粉をまぶしたステーキと、裏漉ししたバネットトーネ入りのじゃがいものニョッキ。
コストパフォーマンスすごそう。

もっとすごいのは、下の動画のパネットーネのサンドイッチ。
正直言って、ロイゾンのお高いパネットーネでこれができる人は、かなりの太っ腹。
ロイゾンさんも、これらの料理は、ミシュランの星付きの店で出すような料理だと思って考えたはず。 





お手頃な値段で、しかも、今、この時期に余っているパネットーネがあったら、分厚いヒレ肉にまぶしてステーキにしてみたいと思う今日この頃でした。

もう一人のパネットーネの巨匠、というか、イタリアのドルチェ界のドン、イジーノ・マッサーリ氏のパネットーネ。




1月のこの時期に、パネットーネ猛烈に食べたくなってきたー。
どこで売ってますか?

朝食にパネットーネのフレンチトーストって、美味しそう~。

First Breakfast

French toast and Frenched Panettone


#breakfast #tasty http://www.williams-sonoma.com/m/recipe/french-toast-caramelized-bananas.html (Used leftover panettone, so good)


コーヒーに添えてもおされ。
ロイゾンのパネットーネとカップッチーノの朝食


-------------------------------------------------------

関連雑誌『ア・ターヴォラ』、“クリスマスだけじゃないパネットーネ”の解説とリチェッタは、「総合解説」2012年1月号に載っています。

[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント: