イタリア料理ほんやく三昧: ペッペ・グイダシェフとパスティフィーチョ・デイ・カンピ

2016年12月1日木曜日

ペッペ・グイダシェフとパスティフィーチョ・デイ・カンピ

今月は、ネットの初歩的なトラブルでブログの更新が遅れましたが、現在、13/14年9月号の「総合解説」のビジュアル解説中です。
12月になっちゃったけど、10月号の「総合解説」は現在バリバリ制作中です。
もう少しお待ちください。

それで、現在ブログではグラニャーノのスパゲットーニとパッケリの話をしていたのですが、このパスタ、グランシェフたちは大好きです。
今月の「総合解説」で取り上げた二人のシェフ、ペッペ・グイダとマルコ・マルティーニシェフも、まさにその一人、というかその二人。

ペッペ・グイダは、20年前にヴィーコ・エクエンセで一番美味しいロスティッチェリーアと評判の店をオープンさせて、カンバーニアの食通の間で大人気のグルメスポットに育て上げた人。
ペッペ・グイダのカンピ社のパスタ料理。
 ↓



彼の店のパスタは、グラニャーノのカンピ社のもの。

カンピはガンベロ・ロッソのパッケリベスト10で、ジェンティーレと共に同点1位になったパスタメーカー。

カンピ社の今年の小麦の収穫
 ↓


店のレストランの名前には尊敬するお母さんの名前を付けたんだって。
カンパーニアの人だなあ。
ちなみに店名はアンティカ・オステリーア・ノンナ・ローザ。
 ↓



次回はもう一人のシェフを紹介します。


------------------------------------------------------

“ペッペ・グイダの夏の終わりのパスタ”のリチェッタの日本語訳は、
総合解説」13/14年9月号に載っています。
[creapasso.comへ戻る]

=====================================

2 件のコメント:

vittorio さんのコメント...

スパゲットーニはシェフ達から人気があるんですね、

パソコン大変ですね、お体が無事で良かったです、

prezzemoloさんがご紹介された食材で今のイタリアの地方ごとに分けた食材3D地図を作成中です。

prezzemolo さんのコメント...

Vittorioさん

コメントありがとうございます。
トラブルがあるとコメントがいつもの10倍ありがたいです。
3Dの大作、期待してます。
すごいのになりそうですね。
スパゲットーニは、テクニックがないと扱えないし、作るのも大変な麺なんですね。
スパゲティートーニを制すものはパスタを制す、のかも。