イタリア料理ほんやく三昧: ヴァッレ・レアーレ

2017年2月23日木曜日

ヴァッレ・レアーレ

ガンベロ・ロッソの『ヴィーニ・ディ・イタリア2015』、今日は白ワイン・オブ・ジ・イヤーの話。

ベスト白ワインに選ばれたのは、
“トレッビアーノ・ダブルッツォ・ヴィニャ・ディ・カペストラノ2012/ヴァッレ・レアーレ”。

トレッビアーノかあ。
赤と同じで、いまいち盛り上がりに欠けそう。

いや、そんなこともない。
このワインの注目ポイントは造り手のようです。
ヴァッレ・レアーレは職人気質のカンティーナで、ワイン造りにあまり適さないラクイラにヴェローナからやってきて、その厳しさに魅入られたレオナルド・ピッツォーロが率いるカンティーナ。

ヴァッレ・レアーレのワインを説明するレオナルド・ピッツォーロ氏。
 ↓


気のせいか、気候の厳しさを説明する口調がうれしそう。
ガンベロ・ロッソによると、後にトレンドとなるビオダイナミック農法を取り入れた初期のワインだそうです。
BIBENDAのオスカー・デル・ヴィーノ2014のベスト白ワイン部門にもノミネートされています。
同じトレッビアーノ・ダブルッツォでも、こちらはヴィニェート・ポポリ。




他にアブルッッォと言えば、モンテプルチャーノ・ダブルッツォですが、こちらも注目されています。

つまり、このカンティーナのワインは全部注目つーことのようですね。
しかも、ガンベロ・ロッソのベスト白ワインに選ばれたヴィニャ・ディ・カペストラ2012はまだ若いけれど、2010年はすでに小さなグランデワインの片鱗を見せているんだそうですよ。
つまり、2012年にこだわることもないかも。

おまけです。超素敵なモンテプルチャーノ・ダブルッッォのPVをどうぞ。




聖地巡礼したくなるワインのPVだなあ。

もう一つおまけ、アブルッツォの名物。
 ↓




-------------------------------------------------------

“ヴィーニ・ディ・イタリア2015”の記事の日本語訳は、「総合解説」13/14年11月号に載っています。
[creapasso.comへ戻る]

=====================================

0 件のコメント: